子供たちを争わせないための遺産相続の話 1

遺産相続とは、亡くなった人の財産を相続人が受け継ぐことです。具体的には、亡くなった人が有効な遺言を残していればその遺言に従った遺産相続が、有効な遺言がなければ相続人の間の遺産分割協議によって遺産相続が行われます。遺言が残されていない場合、相続人たちの間で、遺産相続のための分割協議が行われることになります。話し合いですんなりとまとまればよいのですが、決着がつかない場合、家庭裁判所での調停手続を行わなければなりません。それまで仲のよかった兄弟姉妹でも、お金のことが絡んでくると、泥沼の醜い争いを繰り広げるケースが多く見られます。そのような事態を避けるために、生前に遺言を残しておくことが有効です。遺言について、民法には、さまざまな遺言の形式が定められていますが、これらのうちもっともよく使われるのが、自筆証書遺言と公正証書遺言です。自筆証書遺言とは、遺言者が、前文、日付、氏名を自書し、押印するというものです。

お見合いパーティー 東京 20代

切手買取 出張

雲見 ダイビング 宿泊

【ケアマネージャー】通信教育で試験対策しませんか?

リンパの流れが悪くて、すぐ体が凝ってしまうので、マメにリンパマッサージをしています。